Kazmia

046-200-7158

お問い合わせ

ブログ

CSS Nite Shift5に参加しました。

昨日、Web業界では人気のあるCSS Niteに参加してきました。たぶん今年最後のイベント参加。
「Webデザイン行く年来る年」ということでスマートフォンから、HTML5、電子書籍まで幅広いセッションで充実した内容でした。

●基調講演/長谷川恭久
●マークアップ/益子貴寛、小山田 晃浩
●アクセシビリティ/植木 真
●“みんビズ”で変わる!?今後のWeb制作ビジネス/高畑 哲平、東後 澄人
●地方のWeb制作ビジネス/後藤 誠、岡崎 理枝子、山崎 正宏、蝦名晶子
●ツール/鷹野 雅弘
●スマートフォン/たにぐちまこと、矢野りん
●デザイントレンド/原 一浩、矢野りん、坂本 邦夫、小山 智久

新しい技術的なことが大事なのはもちろんのこと基調講演の長谷川恭久さんのお話はWebで仕事をやっていく上でいろいろと考えさせられる内容でした。

「Webサイトがあって当たり前がなくなる?」

ただ、単にホームページをつくっているだけでは未来はない。そもそもソーシャルなどが重要視されてきて、ホームページ自体の重要性も昔より薄れてくるかもしれない。。
途中、講演を聞きながらふと思い出しましたが、うちのロゴの上にある「人」と「人」を”ありがとう”でつなぐという思いを自分なりに再確認できたいのが良かった。

手描きのスライドがかっこいいしプレゼンもうまいしさいしょから この日No.1のセッションでしたね。

また、地方のWeb制作ビジネスということで地方の制作会社、個人の方のリアルな話が聞けたのも面白かったです。

フリーでやってる人の話なんかを聞くとほとんどが制作会社や紹介からの仕事が多いみたいですね。
そう、考えるとほとんどが直接のお客様とお付き合いをさせてもらってる私は案外意外な方かも知れませんね。

改めてこれから勉強することがてんこもりなのを再確認。。。
少しずつ実践をからめながら新しい技術を取り入れていきたいと思っています。
こういうイベント参加するとやりたいこと、つくりたいものがドンドンでてきてまた大変なっちゃうんですよねw