Kazmia

046-200-7158

お問い合わせ

ブログ

Youtube「第三者のコンテンツと一致しました」?

お久しぶりです。

子供の夏休みも終わり、ほっとしている浜川ですw

先日、主人がやっているバンドのライブ映像をYoutubeにUPしたのですが、UPした直ぐあとは暫くiPhoneからも観れていたんですが、翌日になって観てみたところ、「コンテンツ所有者がこの動画を携帯端末で利用できるようにしていません」となってしまい観れなくなっていました。

そんな設定した覚えないのになぁ。。と思いながら、色々調べてみたところ、動画の管理の中にある「シンジケーション」の設定を変更するらしく、該当部分を見てみると、テキストがグレーになっていて、こちらでは変更できない様子。。。

「(´ε`;)ウーン…なんで?」

っと思って動画の管理をみていると、その動画の横に「第三者のコンテンツと一致しました」のテキストリンクが。。

第三者のコンテンツと一致しました

どうやら動画の中に【著作権】にひっかかるものがあったらしい(; ・`д・´)
普通のバンドのライブ映像なのに、なんで??

そして、リンク先を見たら曲のタイトルと、その楽曲の音源の管理者と、その楽曲が使われている部分の時間が表示されていたので、どれどれとクリックしてみたら、、、なんと、、ライブが始まる前に会場で流していた曲がNGだったようです〜。。。
まーーったくそこ気にしていませんでした(汗)

最初の部分だったのでYoutube上でその部分をカットした上で、異議申し立て。。。と思ったのですが、丁度いい「異議申し立ての理由」がなく、
とりあえず、「この動画は私のオリジナル コンテンツで、私がすべての権利を所有しています。」のにして、説明の部分に、「ライブ映像のSEで引っかかったようです。該当の部分をカットしました。」とコメントを入れて、申し立てしましたところ、その後直ぐにiPhoneでも見れる用になりめでたしめでたし。

先ほどみてみたら、1個の方は「申し立てを取りやめました」になって一安心です。

異議申し立て

色々これから動画UPしたいなーって思ってる方、店内でかかっているBGMとか車の中で音楽かけて撮影など、「第三者のコンテンツと一致しました」に引っかかるかもなので、ご注意を〜!

#こんなこともあるんですね〜(汗)
第三者のコンテンツと一致しました-音楽著作権詐欺団体リスト更新
http://ghid.cocolog-nifty.com/band/2013/07/post-4d26.html