Kazmia

046-200-7158

お問い合わせ

ブログ

電子化と日本語

こんにちは、スタッフの長澤です。

コンピュータを使用する際に固有名詞を入力すると、必要な漢字が変換されない経験をされた方も多いのではないでしょうか。
このようなパソコンなどで標準的に備えられている以外の文字を外字といいますが、グラフィックデザイン等で外字を扱う際は1つ1つデザイナーが手作りをしています。
そんな職業柄文字に敏感になり、今では古い小説や専門書を見かけると外字探しをしてしまいます。

ところで、先日から取り上げている電子書籍において、このような外字の扱いはどのようになるのでしょうか。
フォントを端末発売メーカーがオリジナルで作成している例等もあるようですが、オリジナルの字体を扱うことができるのか。
web上のニュース等では漢字が表示できない場合ひらがな表記に注釈があるとこも多いですが、日本人にとって固有名詞の漢字を正しく表記することはマナーであると思いますので。

ますます、日本語書籍の電子化に興味が募ります。