神奈川のホームページ制作会社 広告作成 ブランディングならKazmia

046-200-7158

お問い合わせ

お知らせ

【2022年版】ホームページ制作で使える持続化補助金を活用し新規ホームページ作成・リニューアルしませんか?

  • 更新:
  • 192 views

こんにちは、萩原です。
神奈川県央エリアの方を中心に東京・全国の方からもたくさんのホームページ制作のご相談を頂いております。
いつもありがとうございます。

さて、「ホームページ制作・リニューアル・ECサイト構築など」をお考えの方に朗報です。
ホームページ制作のご依頼を考えていらっしゃるお客様に少しでも負担を減らしていただけるような補助金をご紹介します。

2022年第8回の持続化補助金は大きな変更もあったため記事を更新しました。

補助対象となる経費としてホームページ制作は下記の注意点がございます。

※ウェブサイト関連費は、補助金交付申請額の1/4を上限
※ウェブサイト関連費 のみによる申請はできません。

2022年 持続化補助金(補助上限200万円)が使いやすく!

ホームページ制作につかえる「持続化補助金(正式名称:小規模事業者持続化補助金)」の第8回の公募要領が公開されました。
※令和元年度補正予算・令和3年度補正予算

前回までの第7回までとは異なる特別枠(新設)も設けられており、補助上限も最大200万円と大幅にアップ。

類型 補助上限額
通常枠 50万円
賃金引上げ枠 200万円
卒業枠 200万円
後継者支援枠 200万円
創業枠 200万円
インボイス枠 100万円

※通常枠以外が新設です
※補助率は2/3 賃金引上げ枠の赤字事業者は3/4

 

販路開拓や生産性向上の取組で申請はお早めに!

ホームページ制作・リニューアル含めチラシ作成、展示会等出展、製造機械の購入費など「販路開拓や生産性向上の取組」であればさまざまな目的で使える補助金ですので申請をお考えの方はまずは「持続化補助金」公式ホームページをぜひご覧ください!
最近の補助金関連の案内は視認性、レイアウト、デザインなども整っており、以前より資料を読み込むストレスが減りました。ガイドブックpdfもわかりやすいし、「持続化補助金」自体のホームページもキレイになっておりみやすい(^ ^

商工会議所地区 小規模事業者持続化補助金のホームページ

未だ落ち着きを見せないコロナの影響を受けている会社様も多いと思われます。
ぜひこの補助金を有効活用しホームページ制作等で販路開拓等に取り組んでいただければと思います。

第8回以降も第9回、第10回と申請受付はあると思いますが回を重ねるごとに徐々に採択率も下がることが多くお早めの申請をお勧めします。

ホームページ制作・チラシデザインなどのご相談は当社に(お見積もりを作成します)そして補助金の申請関連は最寄りの商工会議所・商工会へご相談ください。


採択結果や事例をチェック!
ホームページ制作としての「持続化補助金」活用例

申請する経費の中でも「ホームページ制作」は非常に多く、採択もされているということを商工会議所の方からも聞いております。
また、採択結果や事例を見ると参考になることが多くありますので「どんな内容で申請したら良いかわからない」という方もご覧ください。
ぜひ、この機会に「持続化補助金」活用をご検討されてみてはいかがでしょうか?

事例を探す(事例ナビ)|経済産業省 中小企業庁 ミラサポPlu より

補助金ごとに絞って検索をかけることができるので便利。
持続化補助金だけでも320件以上ありますし、ホームページ制作・リニューアル例も数多くありますのでとても参考になります。

当社も持続化補助金に採択されています

実は当社もフォトスタジオ事業で平成25年度、平成30年度分と2回 採択されています。
採択までは苦労もありましたが、新しい事業の取り組みに50万円近くの補助金をうけられるということで気持ちのよいスタートがきれました。


当社の関わり

毎年のようにこの持続化補助金を活用したホームページ制作のお手伝いをしております。
もともとこの補助金を活用してホームページ制作に取り組むことをお考えのお客様、またはホームページ制作・リニューアル前提で声をかけていただきこの補助金をご案内→採択といった活用例がございます。
私からご案内し、採択された時はとても喜んでいただけました!
2022年度もすでに持続化補助金を活用してホームページ作成を検討されているお客様もいらっしゃいます。

具体的な申請の記入方法などは専門家ではないため当社でのご案内は難しいですが当社で採択経験もあることから、これから補助金を利用される方の気持ちも理解し、思いに共有できるのではないかと思っております。


まずはお近くの商工会議所・商工会にご相談を

まずは採択されるべきく「販路開拓や生産性向上の取組」のために「経営計画」づくりが必要となってきます。
申請期間は案外短いので早めに準備されることをおすすめします。
年間を通して数回公募のある年もありますがどんどん応募数も高くなってくるので早めの回で応募されることをオススメいたします。

商工会議所地区 小規模事業者持続化補助金のホームページ

商工会地区 小規模事業者持続化補助金のホームページ

各商工会議所・商工会では「小規模事業者持続化補助金」活用にむけてセミナーも開催することは多いです。
補助金についての詳細を把握するためにセミナーに参加されるのも良いですし、申請するお考えであれば まず商工会議所・商工会に相談に乗ってもらうのが良いと思います。

「小規模事業者持続化補助金」をうまく活用してホームページ制作・リニューアルを是非ご検討下さい。

厚木商工会議所
海老名商工会議所
相模原商工会議所
大和商工会議所
秦野商工会議所
藤沢商工会議所
茅ヶ崎商工会議所
小田原箱根商工会議所
座間商工会
綾瀬市商工会
伊勢原市商工会
愛甲商工会
寒川町商工会
南足柄市商工会
大磯町商工会
平塚商工会議所

補助金利用でのホームページ制作のご相談・お問い合わせはコチラ

お問い合わせ・ご相談

代表取締役/Web設計士

萩原 和哉

Kazuya Hagihara

努力家の超凡人です。ぐでたまでありたい。
ホームページ制作会社カズミアHOME > お知らせ > 【2022年版】ホームページ制作で使える持続化補助金を活用し新規ホームページ作成・リニューアルしませんか?