Kazmia

046-200-7158

お問い合わせ

ブログ

色使いのお話

こんにちは、すっかり朝晩寒くなってきましたね~。寒さに弱い速水です。
そろそろお歳暮・クリスマスとイベントの多い時期になります。
様々なキャンペーンを企画されてる方もいるのではないでしょうか?

ホームページやPOP、チラシをつくる時、
ここは何色にしよう~~???なんて悩んだりしませんか?

今日はそんなときにちょこっと役立つ(かもしれない)、色についてのお話を。
色について興味のある方なら既にご存知かもしれませんね。

■つくり始める前にまず、どんな色を使うか決めましょう!

 ・一般的な色のイメージ
  一般に、柔らかさや暖かさを感じるのは暖色系、固さ、冷たさを感じるのは寒色系と言われています。

他にもいろいろ。。。
エコロジー、自然派のお店やサービス:緑系、水色、明るい茶色、オレンジ系などでナチュラルで優しいイメージを。

ネイルサロンやガーリーなお店:ピンク・ピンクベージュ系などで可愛らしいイメージを。

食べ物屋さん:赤・オレンジ・黄色などは食欲をそそる色と言われています。

お店やイベント:ファミリーや幅広い年齢層に向けた色=黄緑・黄色・水色・オレンジなどで元気なイメージを。

ヘアサロンなど:ベージュ+濃い茶色・薄いグレーなどは高級感を与える落ち着いた雰囲気を与えてくれます。

これからの季節には、
ワインレッド・ゴールド・白・モスグリーンでちょっぴり大人っぽいクリスマス風、
白・赤・ゴールド + 黒でお正月のおめでたい感じが演出できます。

色によって、それぞれ与えるイメージはこんなに変わってくるんです。
上手にホームページやチラシなどに利用すれば、お客さまに期待通りのイメージを伝えられそうですね!

もちろん例外はありますし、絶対という正解があるわけではありません。
いくらイメージに合った色でも、読みにくければ意味がないですもんね。
ただ、ひとつの基準として頭の片隅に置いておくと、悩んだ時のヒントになりますよ(^^)

それから、使用する色はだいたい5色程度に抑えましょう。
色を使いすぎると、ガチャガチャ騒々しくなって肝心の伝えたい内容が埋もれてしまうかも!?
漠然とたくさんの色を使うと印象が散漫になりがちなのでご注意を。
また、写真やイラストで使われている色から選ぶとバランスが取りやすいですよ。

アクセントとなる色は1,2 色にして、目立たせたい所に絞って少量使えば
すっきりバランスよく注目させることができますよ。

 人の注意を引きつける色って?
  赤・オレンジ・黄などの暖色系。 
  一般に、暖色系や明るい色ほど近づいて見えます。 (例えば、標識などは赤や黄が多いですよね)
  また同系色でも、ベースカラーとの明るさや鮮やかさの差が大きいほど目立ちます。

  反対に、緑・青・紫などの寒色系は後退して見えます。(視力検査でも緑は後ろに見えますね)
  う〜ん不思議ですね〜。

ちょっとした色合いでぐんとイメージが変わるので面白いですね。
それぞれの色の持つイメージを上手に使って、お店やイベントを盛り上げていきましょう!