Kazmia

046-200-7158

お問い合わせ

インターネット・Webサービス

しめじェクションマッピング

こんにちは、スタッフの長澤です。

東京駅のイベントなどで知られるプロジェクションマッピングといえば、大きな建物や空間などで行われる映像技術ですが、日本語入力アプリSimejiのPRに際し世界で初めて食用しめじにプロジェクションマッピングがなされたそうです。
その名もしめじェクションマッピング

毎日のようにいただいているしめじがとても神々しく見えます。
特設サイトでメイキングの様子が見られるそうです。
日本人ておもしろいですね、是非機会があれば生で見てみたいです。

スクリーンショット(2013-05-10 17.51.41)

写真やイラスト素材の著作権について気をつけたいこと

GWみなさまいかがお過ごしでしょうか?
連休関係なく家にいる速水ですこんにちは!

友人で、イラストを国内外問わず転載されて、悪意がないとはいえとても傷ついている子がいるので
ちょっと重い記事ですがごめんなさい(^_^;)

copy

“インターネット上にある画像は、どれも自由に使っていいんじゃないの?”
なんていう声もちらほら聞こえます。が…、

ダメ!絶対。
素敵!とつい掲載したくなるイラスト、例え簡単に撮れそうに思える写真も、
みんなそれぞれ制作者がいて、ココロを込めて時間をかけてつくったもの。

個人的なブログなどでも、全ての人が”誰でも自由に使用していいですよ”
という意味で写真やイラストをupしてるわけではないはず、、

自社の商品を「当社のオリジナルです!」と他社がうたっていたりはもちろん、
例えば自分の料理などでも知らない人が「これわたしが作りました♪」と言っていたり、
自分や家族の写真が勝手に使われていたら不快ですよね。

画像や写真を探す時は画像検索でなく、
「素材 イラスト 無料」などのキーワードで検索しましょう。
そして”無料”というのは多くが「使用料無料」の意味です。
無料といえど著作権は放棄していない場合があるので、きちんと利用規約を確認しましょうね。

たいてい、素材イラストを組み合わせて完全オリジナルと発表することもいけないし、
例え非商用でも、勝手に転載してはいけません。許可を貰いましょう。

わたしもお仕事柄、購入したデジタル素材集を使ってデザインをすることがよくあります。
もちろん0から全て自作できれば一番良いのですが、なかなかそうもいきません。
そこで、素材集を購入し、利用規約に目を通してから制作するのですが、
ふと気になって「素材 規約違反」でgoole先生に聞いてみたところ、こんな事例がありました。

・”商用利用可能”として刊行されていたデジタル素材集の著作権違反問題
 (インターネットの画像検索で表示された写真を無許可でトレースしていた)

・他のクリエイターの素材作品を自作素材集として販売

2011年のことなので、デザイン関係の方などは既にご存知かと思います。
恥ずかしながら知らなかったので、素材集を買えば安心♪なんて言ってもいられないなぁ。
気をつけないといけないなと思いました。

同時に、自分でイラストを描く場合にも気をつけよう、と戒めになりました。

16万の郵便ポスト情報サイト

こんにちは、スタッフの長澤です。

最近はお店の予約や各種チケットの購入、決済まで何でもネット上でできるようになりましたが、未だに行政関係の手続きは郵送での手続きが多くみられます。
郵送する際にはサイズ・重さによって細かく規定されている料金を調べ、切手を貼り、ポストへ投函しなくてはなりません。
またポストによって取集時刻が決められており、タイミングによっては投函と消印に差が出てしまう事もありました。

そういった手順を少し助けてくれるのが、ポストマップというwebサイトです。
日本全国16万件のポスト情報が検索でき、実際のポストの画像や取集時刻を閲覧できます。
郵便物を投函する際にはご参考にされてはいかがでしょうか。

マップ | ポストマップ

何でもできるスマートテレビ

こんにちは、スタッフの長澤です。

景気がちょっぴり良くなった気もするこの頃ですが、スマートテレビという商品をご存知でしょうか。
スマートテレビとは、従来のテレビ+インターネットやPCの機能+αを指すそうです。
自宅のテレビにもオンデマンド機能が付いていますが、これだけではスマートテレビとは言えないようです。
つい最近地デジ化で買い替えたつもりでしたが、スマートフォンの様にすでに従来のテレビは取り残されつつあるのかもしれません。

元々テレビに強い日本メーカー生き残りの鍵とも言われる、スマートテレビ。
日本独自の機能だけでなく、世界共通の機能で頑張って欲しい限りです。

ネットサービスを楽しむ | 液晶テレビ BRAVIA 〈ブラビア〉 | ソニー

コピーコンテンツチェックツール「影武者」を使ってみた

こんにちは、萩原です。

最近はあまり気にしなくなりましたが最初にホームページの文章がコピーされた時は本当に困った物でした。
わざわざ電話したりして対処してもらっていました。
つい最近もお客様で同じような被害があったことをお伝えしました。

そんな時に役立ちそうなwebサービスがあったのでご紹介します。

コピーコンテンツチェックツール「影武者」

10回分(文章量による)の無料プランから有料版まであります。

影武者

登録が必要ではありますがそのあとは「重複チェックをしたい文章」を選んで「チェックをしたい対象」を選ぶだけ。
少し待てば同じ文章のあるサイトがリストアップされます。
今回カズミアデザインのトップページをチェックしましたが幸い結果に表示されたのは自社サイト内のものだけでしたのでほっとしました。

いつどの文章がコピーされるかわからないので時々チェックしてみようと思います。

期待していいの?ポンパレモール

こんにちは、萩原です。
なんだか急に暑くなってきましたね。。
早速バテ気味、、

先日、リクルートが運営する「ポンパレモール」が(ひっそりと?)オープンしました。

ポンパレモール

多少はニュースサイトなどで見かけたのですがそこまでPRしてない気もしたので日々ITに接している人じゃないと知らないかもしれないですね。
いつもだったらこのレベルの規模のサービスだとテレビのCMでもアピールしていたのでなんでだろう?って感じです。

ポイント50%還元セールなんかもやってユーザーの取り込みをがんばっているみたいだけどいまいち利用するメリットが見えてこないですね。
ポイントはそこそこつくみたいだけどそんなに値段も安い感じはしないし、出店しているショップもいままでのモールにもあるような代わり映えのない雰囲気。

なんとなくモールというと楽天とかヤフーでみなれているせいでごちゃごちゃ商品バナーが並んでいるイメージ。
なので、このポンパレモールはすっきりしすぎて逆に違和感も感じちゃいますね。
スマホやタブレットとかでみたときにみやすいのかもしれないけど。

リクルートのことだからこれからいろんな戦略を考えていることと思います。
楽天のライバルとなり生活者に愛されるモールになることを期待したい!

出店者側にも大きなメリットがあるようで楽天なんかよりもずっと出店料とかが安いみたいです。
Amazonや楽天に対抗するような大きなモールになるのか、ネットショップを始める人、会社にとっても楽しみなところですね。

「検索エンジン最適化(SEO)クイック チェックシート」がGoogleより提供されています。

萩原です。
精神的に追いつめられる確定申告がおわるとブログもかく気になってきますね!
仕事は相変わらず忙しいけど!

ホームページを開設されたばかりの皆様、Goolgeさんから「検索エンジン最適化(SEO)クイック チェックシート」なるものが提供されましたのでお知らせします。

基礎中の基礎の内容ですがとっても大事なこと。
5分もあれば読めると思いますので是非チェックして実践してみてください。

さすがの法則

こんにちは、スタッフの長澤です。

先日学生の頃よく通ったレストランへ、10年ぶりに行きました。
小さなお店でメニューも寂しく、テープルは狭く、駐車場もない事から、最近は足を運ぶことがなかったのですが、何より味は本当に美味しい事と、ボリュームや価格のバランスが素晴らしいお店で、また行きたいなと思わせるものがありました。

そもそもまだお店はあるのかなと心配しながら向かい、お店に到着すると入店待ちのお客さんが数名列をなし、駐車場は10台以上、店内も広くお洒落にになり、メニューが6ページに増えていました。
お値段据え置きで味は変わらずとても美味しく、小さなお店が立派になったなと感心しました。
帰り際にお店の方から支店が3店舗できたので、ホームページも見て下さいと教えていただき更に驚きました。
気になってすぐにチェックしてみると、お店の情報だけでなく食材の産地や生法まで細かく記載されており、以前では見られなかったファミリーやカップル等の客層が多い事にも納得しました。

そういえばスタッフさんは前からとても感じが良かったし、ホームページを活用して客層を広げる等、お客さまのニーズ合わせて一生懸命変化してきたのだなと、良い意味で期待を裏切られるうれしい体験でした。
さすができるお店は違います。

YouTube Space Tokyo

こんにちわ。スタッフの浜川です。

2/15、Google Inc.が撮影スタジオ・レコーディングスタジオなどを備えたアジアで初のYouTube専用スタジオYouTube Space Tokyoを六本木ヒルズ内にオープンしたというニュースを先日見ました。

YouTube Space Tokyo

無料で誰でもというTVの言葉を聞いて早速調べて見たところ、こんな感じでした。

応募・YouTubeによる審査を経て、ご利用条件を満たすクリエイターに無料でご利用いただけます。YouTube Space Tokyo をご自身のコンテンツ作成に利用していただくには、まずYouTubeパートナープログラムに参加していて、アカウントを良好な状態に保たれている必要があります。いただいた応募内容をYouTubeにて審査し、ご利用いただけるかをお知らせします。

・YouTubeでチャンネルを持っている
・YouTubeパートナープログラムに参加している

なるほど、チャンネル(アカウント)を持っていて、とりあえずこのプログラムに登録するわけね。
YouTube パートナープログラム 

スタジオが利用できるとこんなことが出来るらしいです。

・コンサートのライブストリーム放映
・観客を招いての番組の撮影
・オリジナル楽曲のレコーディング
・トーク番組の制作
・終日のゲームイベントの開催
etc..

どんなアイデアや番組でも、利用したい制作スペースや機材を指定できるそうです。
YouTube Space Tokyo内写真

YouTube Space Tokyoで行われる、イベント、ワークショップなどは申し込みの必要なしでYouTubeクリエイターなら誰でも参加OKみたいです。
今のところまだ近日公開予定で何もイベント無さそうですが、ぜひとも行ってみたいです。
http://www.youtube.com/yt/space/ja/events-tokyo.html

他にも、クリエイタークラス、アプレンティス研修クラスも。
・クリエイタークラス
特別な映像プロジェクトのための制作リソースを提供
・プレンティス研修クラス
他チャンネルの映像制作に参加し、他のクリエイターの活動から学べる機会を提供
(両クラスとも近日公開)

でも、こんなの初心者だし、ある程度できないとダメじゃないの?って思っていたらQ&Aにこんなこと書いてありました。

YouTube のエキスパートである方から、昨日チャンネルを初めたばかりの初心者まで、YouTube Space Tokyoでは定期的にワークショップやイベントを開催して、広く YouTube コミュニティに向けて開かれたスペースを目指しています。

なんかすごいですね〜。場所や機材を提供してくれるだけでもありがたいのに、こんなことまで!

とりあえずオープンはしたみたいですが、まだ申し込みなどは出来る感じではなさそうなので、今後要チェックです!お店・会社のCMとかYouTubeでしたいと思っている人は是非利用してみて欲しいです!

…しかし、審査とか言われると、簡単には利用できなそうな気がしますが…実際どの程度の審査なのか気になります。。。