Kazmia

046-200-7158

お問い合わせ

ブログ

迷子にさせない設計をしよう

先日、旅行関係のサービスを利用するためにあるサイトを利用した時のことです。

メジャーな会社なんですが、まずメニューがわかりにくくページの切り替えも遅いかんじ。
目的の情報にたどり着くまで無駄にいろんなところをクリック、クリック。
ようやく発見した内容も比較しづらく、条件を変える度に価格等が違うようだけど、でもどこが変わったかもわかりづらい、、、

実は以前にもこのサービスを数回利用したことがあり、その度同じ思いをしているんです。
しかし、なにせ1年に1回程度のことだし、予約しないと不安なので毎回一応リザーブしていくのですが
現地に行くと結局違うプランしかなかったり。。なんだかなぁ。

別のサイトでも、申し込んだ内容の確認画面へのボタンが全体のデザインにとけ込みすぎていて、
発見できずカスタマーセンターに電話するはめになったり。

どちらも、目的を達成するまでにものすごくエネルギーを使い、なんだかストレスMAXでした。
ふう、、、。

そんなこんなで、改めてユーザビリティの大切さを実感しました。
実際のお店や施設でも、案内板が見やすかったり看板が適切な位置と大きさで設置されていると
迷子にならず安心ですし、印象も良くなりますもんね。

前にも書きましたが、良いデザインは、ただ見た目がきれいなだけじゃなく使いやすいことが大前提。

使う人の立場になって、導線を考えること。
使いやすいか、わかりやすいか、見やすいか。
いろんなお客様の行動パターンを想像して、客観的な視点を忘れないようにしよう、といい勉強になりました。

自分がブラッククライアントにならないために

こんにちは、萩原です。

「デザイナーのモチベーションを根こそぎ奪う!たった7つの魔法の言葉」ということでnaverまとめの記事が話題になってましたが確かにどれも実際にきいたことがあるような台詞、、、

2番とか4番とかはスタッフやパートナーへの指示だしに関わってきそうだし、自分が1お客としてふるまう時もこういった台詞を言わないように気をつけなきゃ。

自戒の念をこめて、、

さすがの法則

こんにちは、スタッフの長澤です。

先日学生の頃よく通ったレストランへ、10年ぶりに行きました。
小さなお店でメニューも寂しく、テープルは狭く、駐車場もない事から、最近は足を運ぶことがなかったのですが、何より味は本当に美味しい事と、ボリュームや価格のバランスが素晴らしいお店で、また行きたいなと思わせるものがありました。

そもそもまだお店はあるのかなと心配しながら向かい、お店に到着すると入店待ちのお客さんが数名列をなし、駐車場は10台以上、店内も広くお洒落にになり、メニューが6ページに増えていました。
お値段据え置きで味は変わらずとても美味しく、小さなお店が立派になったなと感心しました。
帰り際にお店の方から支店が3店舗できたので、ホームページも見て下さいと教えていただき更に驚きました。
気になってすぐにチェックしてみると、お店の情報だけでなく食材の産地や生法まで細かく記載されており、以前では見られなかったファミリーやカップル等の客層が多い事にも納得しました。

そういえばスタッフさんは前からとても感じが良かったし、ホームページを活用して客層を広げる等、お客さまのニーズ合わせて一生懸命変化してきたのだなと、良い意味で期待を裏切られるうれしい体験でした。
さすができるお店は違います。

本を買うなら、、

こんにちは、萩原です。
2月中旬から確定申告の準備を始めまして毎日コツコツ記帳しております。(毎月やれよって感じですがw)
いい加減に税理士さんとかにお願いしたい。厚木辺りで良い税理士さんはいないですかね?

さて、本を買うならAmazon、、と言いたいところですが私はhontoも以前(bk1時代)から結構な頻度で使っております。

もっとみる

YouTube Space Tokyo

こんにちわ。スタッフの浜川です。

2/15、Google Inc.が撮影スタジオ・レコーディングスタジオなどを備えたアジアで初のYouTube専用スタジオYouTube Space Tokyoを六本木ヒルズ内にオープンしたというニュースを先日見ました。

YouTube Space Tokyo

無料で誰でもというTVの言葉を聞いて早速調べて見たところ、こんな感じでした。

応募・YouTubeによる審査を経て、ご利用条件を満たすクリエイターに無料でご利用いただけます。YouTube Space Tokyo をご自身のコンテンツ作成に利用していただくには、まずYouTubeパートナープログラムに参加していて、アカウントを良好な状態に保たれている必要があります。いただいた応募内容をYouTubeにて審査し、ご利用いただけるかをお知らせします。

・YouTubeでチャンネルを持っている
・YouTubeパートナープログラムに参加している

なるほど、チャンネル(アカウント)を持っていて、とりあえずこのプログラムに登録するわけね。
YouTube パートナープログラム 

スタジオが利用できるとこんなことが出来るらしいです。

・コンサートのライブストリーム放映
・観客を招いての番組の撮影
・オリジナル楽曲のレコーディング
・トーク番組の制作
・終日のゲームイベントの開催
etc..

どんなアイデアや番組でも、利用したい制作スペースや機材を指定できるそうです。
YouTube Space Tokyo内写真

YouTube Space Tokyoで行われる、イベント、ワークショップなどは申し込みの必要なしでYouTubeクリエイターなら誰でも参加OKみたいです。
今のところまだ近日公開予定で何もイベント無さそうですが、ぜひとも行ってみたいです。
http://www.youtube.com/yt/space/ja/events-tokyo.html

他にも、クリエイタークラス、アプレンティス研修クラスも。
・クリエイタークラス
特別な映像プロジェクトのための制作リソースを提供
・プレンティス研修クラス
他チャンネルの映像制作に参加し、他のクリエイターの活動から学べる機会を提供
(両クラスとも近日公開)

でも、こんなの初心者だし、ある程度できないとダメじゃないの?って思っていたらQ&Aにこんなこと書いてありました。

YouTube のエキスパートである方から、昨日チャンネルを初めたばかりの初心者まで、YouTube Space Tokyoでは定期的にワークショップやイベントを開催して、広く YouTube コミュニティに向けて開かれたスペースを目指しています。

なんかすごいですね〜。場所や機材を提供してくれるだけでもありがたいのに、こんなことまで!

とりあえずオープンはしたみたいですが、まだ申し込みなどは出来る感じではなさそうなので、今後要チェックです!お店・会社のCMとかYouTubeでしたいと思っている人は是非利用してみて欲しいです!

…しかし、審査とか言われると、簡単には利用できなそうな気がしますが…実際どの程度の審査なのか気になります。。。

読了: TYPOGRAPHY ISSUE2

みなさまこんにちは!速水です。

タイポグラフィ(書体)って普段、意識しますか?

職業柄、書体とか気になりますが、
大して気にしていない方も多いかと思いますが、その効果は絶大なんです。

お店のロゴからリーフレット、ショップカード、そしてホームページ。
書体にちょっと気を遣うことが、あなたのお店の魅力を更に引き出すお手伝いをしてくれます。

そんな文字のチカラをわかりやすく解説し「タイポグラフィって面白い!」って感じさせてくれる雑誌はこちら。
TYPOGRAPHY(タイポグラフィ)02 ロゴをつくろう!

ISSUE02の第1特集「ロゴをつくろう!」に引き寄せられ購入しました。

一件ただ並んで見える文字にも、きちんと「その間隔である」理由みたいなものがあったり、
日本人には違和感を感じなくてもネイティブから見たら不自然な欧文書体の配置だったり。
ほほ〜う!ってなる記事がたくさんありました。

新連載の「フォント探検隊が行く!」
では書体デザイナーさんが渋谷の街で発見した、様々な書体を集めています。
ぐるっと見渡すと、確かに回りにはいろんな書体が溢れていますね!

文字を見ることにワクワクしてくる、楽しい雑誌ですよ!オススメです。

TYPOGRAPHY(タイポグラフィ)02 ロゴをつくろう!
グラフィック社
売り上げランキング: 8,785

おもてなし

こんにちは、スタッフの長澤です。

先日1日の大半を過ごしている、デスクチェアが壊れてしまいました。
新しいものを手配中のため仕方なく他の椅子を使用していたところ、以前患った部位の痛みが再発してしまい掛かり付けの病院を受診しました。

人気の整形外科ということもあり、午前中の受付で既に3桁の順番待ち。
その代わりに順番が近くなると自動でメールをもらえるWebサービスを採用しているとのことで、早速利用して院外で時間をつぶしました。
それにしても院内は人であふれかえって座る椅子もない程、飽和状態。
病院側は待ちくたびれた患者さんへ「お知らせサービスを利用して下さいと」伝えているものの、全ての患者さんに受け入れられているとは言いがたいサービスでした。
問題に対して代替案を提案している点は理屈に合いますが、顧客満足の観点からは十分な配慮とは言いがたいものがあります。

サービスの基本はあくまで「もてなし」であり、それらはあらゆるWebサービスに対しても通じる観点であると感じます。
理屈だけではなく血の通った、デザインやサービスを心がけていきたいと思います。

読了:グラフィックデザインで世界を変える

う〜ん何を書こうなんて思っているうちに時が経ってしまいました速水です。
とは言え何も考えていなかったわけではありませんよ〜(^^;)!
ちょこちょこ、デザインにまつわる本を読んでいました。
そんなわけでこれから、最近読んで面白かった本を紹介していきますね。

今回はこちら。
グラフィックデザインで世界を変える

ソーシャルデザイン(社会変化を目指すでデザイン)分野についての本です。

みなさんはデザインって、なんだと思います?
ただ、きれいな色や形にすること?情報を整理すること?

そうですね。でもそれだけじゃく、
デザイン=課題に対する解決の道筋、効果を持続可能なシステムにするための手段
でもあるんです。

この本では「社会問題を解決する手段のひとつとしてデザインに何が出来るのか」について
取り組まれた20の事例が、プロジェクトの道筋やデザイナーがコミュニティとの信頼関係を築くうえでの課題
とともに紹介されていて勉強になりました。

ある問題があって、それに伴うコミュニティとデザイナーが恊働して、課題解決を「デザイン」していくこと。

ホームページづくりも同じですね!
お客様はただきれいなホームページを望んでるのではなくて、
「(お店やサービス)を知ってもらいたい!」のが目的(課題)だったり
「売り上げを伸ばしたい!」「名刺代わりに必要」だったりします。
そしてその向こうには、そのサービスや商品(の改良)を望んでいるお客様の姿もあります。

文字だらけでも読みにくいし、
奇麗なだけで、どこに何があるかわからないようなホームページじゃ困りますよね。

どうすれば問題解決できて、定着させられるか。
それをお客様と「一緒に」考えて、つくっていく。それがホームページづくりのお仕事だと思います。

より満足してもらうには?
「お客様のお店(サービス)のお客様」の立場になって、
デザイナーとしてできることをもっと考えていくきっかけになりました。

グラフィックデザインで世界を変える
アンドリュー・シー
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 35,784